検索エンジン最適化プラン

SEO(検索エンジン最適化)で上位表示を狙いそのサイトの充実も重要なのです。

SEOできないカテゴリー

ホームページと一言で言ってもいろんなカテゴリのものがあると思います。食品関連、医療関連、金融関連など、その種類は実に多岐に渡ります。

企業が提供しているSEOサービスへの依頼は、いろんなカテゴリのものがあるだろうと思います。SEOサービスを行っている会社の中には、一部のカテゴリを取り扱っていない事もある様です。

例えば、出会い系サイト、アダルトサイトなどは、トラブルを避けるために取り扱っていない事が多いでしょう。その中でも、友達を見つけるサイトなどは出会い系サイトに該当するかどうか、判断しにくい場合もあるかと思います。その場合には、問い合わせて尋ねるのもいいでしょう。

アウルアップデートの内容とseo対策

新しく導入されたアウルアップデートは、社会を揺るがした偽の医療情報の掲載や、国と歴史に対しての攻撃をしているコンテンツを含んだサイトに対して、Googleが対処のために回答をしたアルゴリズムの更新です。これによって、嘘の情報を流す悪質なサイトの評価を下げる結果となりました。

一方、品質の良い優良なサイトに対しては、seoの評価は変わらずに順位の変動もありません。そのため、優良なサイトはこのアルゴリズムに対する対策を行わなくとも、影響がないといえます。アウルアップデートを見越して、今後のseo対策を考えればより良いサイトとなるでしょう。

seoに影響したフェイクニュース対策にアウルアップデート

ユーザーのニーズに合わないフェイクニュースが話題となりましたが、それによってGoogleは新たにアウルアップデートというアルゴリズムを追加しました。これは、フェイクニュースや歴史と国に対して攻撃的な内容を含むサイトを、検索結果の上位に表示させないようにするアルゴリズムです。

それによって、偽の情報を流すサイトがseoの評価を下げることになりました。しかし、一方で影響があったのは一部の悪質なサイトだけとなり、優良なサイトはこの影響を全く受けていません。このseo対策をするとなれば、単純に嘘の情報を含む内容を載せないことでしょう。

アウルアップデートよりもseo対策を優先

今季春に導入されたアウルアップデートでは、フェイクニュースや国と歴史に攻撃的な内容を掲載するサイトに対し、seoの順位を下げるとしています。これは、悪質で低品質なサイトにとっては、順位を下げる要因となりますが、それはGoogleにとってユーザーのニーズを満たすサイトを、検索結果の上位に表示して満足度を得てもらう対策です。

ですので、アウルアップデートの影響を受けないホワイトなサイトは、この対策を行うよりも、今後のseo対策を行う方がより良いとされています。導入によって、順位の変動もあまりないとされていますので、対策を行うのはごく一部でしょう。

Google検索のペンギンアップデートでページseoを見直す

ペンギンアップデートはgoogle検索エンジンがwebページの表示順序について計算する際に使う計算式のアップデートに用いられているアップデートの一つです。こういった計算式のアップデートというのは他にも様々存在するのですが、ペンギンアップデートはwebページでのスパム行為や著しく不適切な内容のwebページの順序を下げることに長けています。

google検索エンジンはより良いwebページ、質の高いwebページを視聴者に見てもらうということが前提としてあるので、上記アップデートもその為だと考えられます。自ページをお持ちの方はgoogle検索エンジンに気に入られる様にseo対策を考えないといけません。

SEO関連