検索エンジン最適化プラン

SEO(検索エンジン最適化)で上位表示を狙いそのサイトの充実も重要なのです。

seoを頑張ってもうまくいかない場合

いくらSEOを行ってもホームページの順位が上がらない場合は、リニューアルを考えてみても良いかもしれません。

あまりに過剰なSEOを行うとスパムとみなされ、フィルタにかかります。簡単に外れるフィルタもありますが、復活出来ないくらい重いフィルタにかかる場合もあります。そういった場合は何をしても順位から除外されます。

ホームページ制作を行ったきり更新がなく変化がないのも問題です。

どうしてもアクセスが伸び悩んでいるという場合にはリニューアルを考慮に入れてみるといいかもしれません。

その時にはただやみくもに進めるのではなく、なぜ前のホームページがいけなかったのか、そして今後はどの様にすると集客を見込む事ができるのかを考えてリニューアルすると良いでしょう。

アウルアップデートがseoに及ぼす影響

新しくアウルアップデートと呼ばれる、Googleのアルゴリズムが2017年4月に更新されました。これは、フェイクニュースを掲載しているホームページの評価を下げるアルゴリズムでもあります。このアウルアップデートによって、seoに影響が合ったホームページは、事実と異なる事柄を載せているフェイクニュースや多量の広告を載せているものです。

Googleは、ユーザーのニーズにおける満足度を第一に掲げているので、このフェイクニュースはそれを下げる行為として認識されています。このアルゴリズムに影響を受けないためには、正確な情報をコンテンツに取り入れることが重要です。

アウルアップデートでseoに影響を受ける特徴

新たに導入されたアウルアップデートは、事実と違った情報を掲載しているフェイクニュースや、広告を山ほど載せたホームページの評価を下げます。導入された以前の月より、嘘を流す低品質なコンテンツを含んだホームページの順位が下げられていたのは、このアルゴリズムの更新があったからでしょう。

その時に、報道されていたのは偽の医療情報を掲載したホームページが挙げられます。このことから、アウルアップデートを対策するには、seo以前の問題となりユーザーの元に嘘の情報が出回らないように、正確な情報の掲載が必要となります。

アウルアップデートによってseoに影響があるか

偽の医療情報の掲載や、国と歴史についての差別的な内容を、含んだコンテンツを掲載したホームページは、新しく導入されたアルゴリズムの一つである、アウルアップデートにより順位を下げられています。これは、フェイクニュースなどの、ユーザーに著しく悪い影響を与えるホームページを取り締まるアルゴリズムです。

低品質で悪質なホームページは順位を下げましたが、高品質のホームページには影響があったのでしょうか。実際、順位が上がったというのはなく、もしseoの順位が上がったのであれば、それは悪質なホームページがなくなったからでしょう。

アウルアップデートの対策を考えるよりも今後のseo対策を

今年の春に新たに導入されたアウルアップデートですが、これは偽の情報を含むコンテンツを公開しているサイトが評価の対象となります。そのため、正確な情報を含むコンテンツを作成しているサイトは、影響を受けないと言ってもいいでしょう。

また、この更新によってseoの順位も上がるわけでもなく、低評価なサイトを取り締まることが目的です。ですので、アウルアップデートの影響を受けなかった優良サイトにとっては、対策の必要がないです。それよりも、今後におけるseoの対策に時間をかけると、自身のサイトの品質がますます向上するでしょう。

SEO関連